上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これからは、笑いあふれるブログにと思っていましたが・・・
叶いませんでした
この2週間、とんちゃんは毎日泣いてばかりでした・・・
3月29日(月) ご老公が亡くなってから一週間
早朝に大おかんからの電話  
『あんたが金太郎のことかわいがるから
ジョージがやきもちやいとるわよ。さみしいっていよる。
一緒に天国へ 連れていきそうな気がして・・・
もちろん笑いながら、話をごまかしたとんちゃんでした・・・
それが・・・悪夢の始まりでした


DSC_0036_20100417200306.jpg

その日の夕方将軍に異変が・・・
いつものてんかんの発作かなと思いました。
しばらくしてからおさまったのでホットしてました 。
でも、それから、毎日続くようになったのです
それも、いつもの発作ではおさまらなくなりました
いろいろな症状が次々とあらわれました

一日のうち、頻繁に発作がおきること

発作の時間がいつもより長く続くこと

発作がおきると家中を歩き周り、徘徊すること

首が硬直し、目の玉が凝視(どこを見ているか分からない)

嘔吐が止まらない

上も下も向けず、段差がのぼれなくなったこと

発作がおきると失禁すること

おっしをする時に足をあげれなくなったこと

突然、寝ているのに悲鳴をあげるようになったこと

そして、食欲がなくなっていったこと

こんな将軍の弱っていく姿を見て、泣きながら介護していました
本当にこの時、思いました 。
どこが苦しいのか、痛いのか、とんちゃんに教えて・・・お願い


DSC_0035_20100417201557.jpg

最初に発作がおきた時、次の日も続いたのですぐに病院へ
苦しそうだったので、いつもの病院へは遠すぎると思い、
一番近い病院へ そこでは、てんかんの発作か
分からないので、ちゃんと検査した方がいいと 言われ
MRI をとることを勧められました


その機械が徳島にはないこと大阪に行ってくださいと
言われました。今の将軍の体力を考えると無理な距離だと
すぐに分かっていました  納得がいかなかったので
次の日、いつものかかりつけの病院へ


将軍の事を一番分かってくれている先生の意見が聞きたかった。
興奮状態からくる血圧低下でてんかんの発作がおきていると思う
先生は、とんちゃんが帰宅するとうれしくて、興奮するから
なっていると 言いました。興奮させないように注意し、
様子を見てくださいと言われ 、信頼している先生が
そう言ってくれるならと、少し安心して帰りました 。


それから、日々症状が悪化 
絶対にてんかんの発作なんかじゃない 
こんなに苦しむ将軍の姿を見て、じっとなんてしていられない
いろいろな人から話を聞き、徳島にゆいつCTがある病院を
見つけ、そこへ駆けつけました

神様どうかお願いします 金太郎の脳に腫瘍なんか

ないと言ってください 助けてください 



                フレンチブルドッグひろば   にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ




スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。